美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜のあらすじと結末のネタバレ感想


↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ
サイト内で「美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜」と検索

昭和20年、太平洋戦争末期。当時は日本領であった樺太(からふと)で生まれ育った市村ハナ。彼女は醜い容姿のため女学校でいじめを受けていた。

大会社の令嬢である高島津絢子を主犯格として、ミミズ入りのお弁当を与えられたり、泥棒に仕立て上げられたり・・・陰湿ないじめを受け、とうとうハナは退学にまで追い込まれてしまう。

修正んと同時にソ連軍による空襲が開始。樺太を追われ北海道へと逃れる船でも、高島津絢子らによる嫌がらせによって追い出されてしまう。

後日、別の船にようやく乗船できたハナ一家。しかし、ソ連軍の攻撃を受けて、母と弟を亡くしてしまう。悲しみのどん底の中、ハナはいじめていた人たちへの復讐を誓うのだった。

美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜のネタバレ感想

やっぱり、いじめをしていた人たちがハナからの復讐を受ける様は「ざまあみろ!」と言った快感がありますね。

何だかんだ言っても、見た目で人の対応が変わるのは確かですよね。だって、相手が福山雅治だったら…態度変わりますよね?

だからって、見た目をネタにしていじめるとか行動に移してしまう人もどうかしてますけどね。そんなハナの復讐劇、見届けてやってください。

こちらで無料の試し読みができますよ
サイト内で「美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜」と検索

次の記事: 蟲姫のあらすじと結末のネタバレ感想
当サイトへようこそ!
通販情報に目がない管理人のお得なお買い物ブログです。
更新情報
Copyright (C) 得する通販. All Rights Reserved.