苛めて愛して罵ってのあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「苛めて愛して罵って」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

社内の自販機の前で疲れた表情の渡井。そこに佐久間が声をかける。

「なんだよそのひでーツラ」
「ちょっとトラブルであんまり寝てなくて・・・」
「お前顔で頑張ってるようなもんだし商売道具は大事にしろよ」
「佐久間こそまた取引先増やしたんだって?」
「いやいや俺なんて渡井の足元にも及ばねーよ。是非一度、ご教示願いたいね。お前の得意技、ジジイの靴の舐め方ってやつ」
「おい、なんだそれ!」
「なーんて、俺がやっても意味ねーか。じゃーな渡井」

くそ・・・佐久間め。耳打ちは反則だろ!鼓動が止まらない渡井。そう、彼は佐久間に蔑まれることで心底喜びを感じてしまうドM野郎なのだった。

「は〜、佐久間の罵声サイコー。もっと罵られたい」

突然、背後に佐久間が現れる。

「え、佐久間!?今の聞いて・・・」
「渡井・・・おまえまさか俺の事好きなのか?」
「な・・・なんで俺がお前なんか・・・」
「ふーん・・・」

じりじりと近づいてくる佐久間。

「渡井、おまえ・・・」

苛めて愛して罵ってのネタバレ感想

なんでしょうねー、このお互いの駆け引き。罵られたい渡井にいじめたい佐久間のお互いの欲求が、次第に同調してくる快感とでも言うのでしょうか?

この後、二人の関係はどんどん激しくなっていくのですが、続きは以下のリンクからどうぞ!

サイト内で「苛めて愛して罵って」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

次の記事: これが恋なワケがないのあらすじと結末のネタバレ感想
前の記事: 監禁嬢のあらすじと結末のネタバレ感想
当サイトへようこそ!
通販情報に目がない管理人のお得なお買い物ブログです。
更新情報
Copyright (C) 得する通販. All Rights Reserved.